狂騒曲/久間十義/角川文庫2007/07/25

バブル? あまり記憶にないし恩恵に浴したこともない…と思う。でも、なんだか街全体の平熱が高かったような。 ★★★

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://criticaster.asablo.jp/blog/2007/07/25/1741805/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 行間の宇宙 - 2008年01月22日 07時51分24秒

こんにちは。愚か者の代弁者、を読ませていただきました。三島由紀夫賞の本には憂国からくるようななにか男の哀しさのようなものを感じます。久間十義の本もいいですね。