往復書簡/湊かなえ/幻冬舎2011/04/06

 タイトル通り、手紙の往復のみで構成された三つの短編小説。読み始めこそ煩わしさがあるものの、事件が提起され、諍いがあり、真実が暴露されるという極めてオーソドックスな展開に安心もあり、驚きもあり。★★★★

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://criticaster.asablo.jp/blog/2011/04/06/5780484/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 笑う学生の生活 - 2011年05月03日 20時51分02秒

小説「往復書簡」を読みました。

著者は 湊 かなえ

題名通り 手紙の文章からなる
独立した 3編のストーリー

どの話も 謎があって、引き込まれますね
独白という感じも今までと似ていますね

とはいえ、「告白」など今までと比べると
衝撃度や悪意度が低い感じです

悪...