読書日記(笑)2016/03/02

 そもそもこのブログは読書日記だったのですよ。それがいつのまにか無線日誌になってしまって…。読んでいない訳ではないのですが。
 
 そんな訳で仕切り直し。2016年になってから一発目の読書日記です。

■不安な演奏 松本清張 ★★★
■強き蟻 松本清張 ★★★
■彩霧 松本清張 ★★★★
「彩霧」は面白かったですよ。現代でもありそうだなと。

■ルート350 古川日出男 ★
 これはワケが分からん。

■誘拐の誤差 戸梶圭太 ★★★
 相変わらず「安い人間」の大安売りです。でも、男の子を語り手にしたことで、ちょっと雰囲気が良くなってます。グッドです。
 
■追憶のかけら 貫井徳郎 ★★★★
 リーダビリティの良さは最高。そしてうんざりするような悪意。その隙間に見える灯。オススメです。
 
■やがて警官は微睡る 日明 恩 ★★
 この間はシックスセンスだと思ったら最後までシックスセンスでしたが、今回はダイハードだと思ったら最後までダイハードでした。しかも、相変わらず読みづらい。貫井徳郎の後だから余計に。

2015年4月、読書日記2015/04/30

 
 今月もなんとか読めました。

■絶望ノート 歌野晶午 ★★★
 やっぱり「葉桜の季節に〜」を超える印象はなかったなあ。

■蝿の帝国 帚木蓬生 ★★★★
■蛍の航跡 帚木蓬生 ★★★★
 「軍医たちの黙示録」と副題の付いた三部作のうち二編。先の大戦を生き残った軍医達の証言集。専門語や背景の説明を全て省き、見聞きしたこと、体験したことを提示する方法は圧倒的。「傷つく兵隊、逃げる住民、そして累々と横たわる死体」が戦争の全てだと分かります。

■止まった時計 松本麗華 ★★★
 副題が「麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記」です。家族の著作ですから全面的に首肯は出来ませんが、一読した方が良いでしょう。

2015年3月分読書日記2015/03/31

 
 3月の読書日記です。今月も何とか読めました。星マークだけでは淋しいので、少しコメントも書こうかなと。
 
 2015年3月
■64 横山秀夫 ★★★★★
 もう、星を10個くらい付けても足りない。

■殺してもいい命 秦建日子 ★★
 内容を忘れた。もういいや。

■昭和史発掘2 松本清張 ★★★
 テーマによっては退屈なものも。「満州某重大事件」とか「佐分利公使の怪死」はグッドでした。

■灰色の虹 貫井徳郎 ★★★★
 この作者の文章の読みやすさは圧倒的なのだけど、読後感はうんざりというかどんよりというか…。体力のあるときに。

■ギフト 日明 恩 ★★
 冒頭に、映画「シックスセンス」が出てきたと思ったら、最後まで「シックスセンス」でした。

そう言えば、このブログは「読書日記」だったのですよ(笑)。2015/03/01

 
 まったく本を読まない時期が続きましたが、今年に入ってから、またポツポツと読み始めています。以前のような量には追いつきませんので、毎月まとめて書いていこうと考えています。
 
 相変わらずエンタテイメント系がほとんどです。冒険小説、ミステリー中心で「本格」には興味がありません。「★」五個が満点です。
 
 2015年1月/2月
■紅い点描 松本清張 ★★
■黒革の手帳 松本清張 ★★★★
■密売人 佐々木譲 ★★★★
■Nのために 湊かなえ ★
■日御子 帚木蓬生 ★★★★
■後妻業 黒川博行 ★★★★★
■占星術殺人事件 島田荘司 -途中で読むのを辞めました(笑-

ご冗談でしょう、ファインマンさん/岩波現代文庫2008/12/07

 まあ、いたずら好きの物理学者の回顧録ですな。しか〜し、彼は積極的に原爆製造に関わっているのだ。そして、この屈託のなさ。やれやれ、である。

黒の謎/乱歩賞作家アンソロジー/講談社2007/09/02

やっぱり桐野夏生がダントツだなあ。 ★★★

乱歩賞作家/講談社2006/12/11

読んで損なし。 ★★★