沖縄県中頭郡読谷村移動運用2017/05/24

 5/19から5/21まで沖縄県中頭郡読谷村で移動運用を行ってきました。いつものようにJF1LUT局のご好意で連れていってもらいました。

 持参した同軸ケーブルのコネクタのハンダが取れていて、宜野湾市の無線ショップまで買いに走ったりとか、自分もリグの電源ケーブルが安定化電源に合わなかったりというアクシデントもありましたが、実質二日間の移動運用を行えました。

 今回は初めて10/14MHzにQRVしました。伝播を把握していないものですから空振りも多く、また14MHzの国内サービスはスルーされましたが、10MHzではかなり呼ばれました。

 梅雨入りしてから少々日数が過ぎているので天気も曇りで安定しており、アンテナの心配をすることもありませんでした。

 ただ、帰路の那覇空港の保安検査場(危険物を持っていないかどうか検査するフロア)で、係員から「荷物の中をすべて拝見していいでしょうか」なんて言われて、せっかくキレイにパッキングしたデイバックの中の荷物ををテーブルの上で広げるハメに…。

 エックス線に映った無線機やらケーブルが怪しかったのだろうとは思いますけど、成田では何ともなかったのですが。


 50MHz SSB・・・1局
 50MHz CW・・・92局
 24MHz CW・・・15局
 21MHz CW・・・22局
 18MHz CW・・・3局
 14MHz CW・・・3局
 10MHz CW・・・125局
 7MHz CW・・・157局

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://criticaster.asablo.jp/blog/2017/05/24/8573833/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。