CQ誌のバックナンバー2017/02/23

 数週間前に日本アマチュア無線連盟(JARL)に行った際、入り口から少し入った先にCQ誌が創刊号から並んでいるのを見つけました。職員の方に伺うと、CQ誌だけでなく、コールブックや海外のものなどもあり、しかも、どなたでも閲覧できるとのこと。
 
 その日は別件があったので背表紙だけ眺めていたのですが、昨日再度JARL に行き、私が免許を取った頃(1982年)のCQ誌を読んできました。壁にラックがあり、そこにはCQ誌が並んでいます。6畳ほどの部屋の中央にテーブルと椅子があり、ゆっくり読めます。

 「ローカルトピックス」という読者からの写真付き投稿をみていると、自分が高校の文化祭で公開運用の写真や、クラブ局の集合写真が掲載されていました。また、現在でも付き合いのある方々の当時の写真などを見つけてはニヤニヤしていました(笑)。

 必要な記事を写真に撮るのは自由ですが、コピーは有料です。また、予約は不要で、午後12時から午後1時までは閉鎖されます。
 
 ご自分の開局当時の記事を読んだり、創刊当時の雑誌の作りなどを見るのも楽しいかと思います。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。オススメです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://criticaster.asablo.jp/blog/2017/02/23/8373314/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。